平成28年度 補助金制度情報

ホーム>平成29年度 断熱材使用への補助金制度情報>【リフォーム】学校施設をお考えの方へ

平成29年度
断熱材使用への補助金制度情報

補助金制度の主な補助事業

【リフォーム】学校施設をお考えの方へ

●環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備推進に関するパイロット・モデル事業

○エコスクール

(文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省)

環境問題は、世界共通の緊急かつ重要な課題です。エコスクールは、環境負荷の低減や自然との共生を考慮した学校施設として整備して、環境教育の教材として活用するものです。これにより、学校が児童生徒だけでなく地域にとっての環境・エネルギー教育の発信拠点になるとともに、地域における地球温暖化対策の推進・啓発の先導的な役割を果たすことが期待されています。

<補助率>1/2以内

環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備推進(文部科学省)

国庫補助事業について資料(PDF)

エコスクール パンフレット(PDF)

●既存建築物省エネ化推進事業

平成29年度の募集が開始されました。
<公募・交付申請期間 >
平成29年4月24日(月) ~ 平成29年11月30日(木)  ※消印有効
※平成30年1月末までに必ず、実績報告を行う必要がありますのでご注意ください。

○既存建築物省エネ化推進事業(平成29年度)事業概要

省エネ性能の優れた住宅・建築物が世の中で適切に評価される環境を整備するため、省エネ改修工事を伴わない既存住宅・建築物に対して省エネルギー性能を診断し表示する費用に対する支援を行います。
省エネルギー性能の表示方法等において、特に波及効果が高い提案については定額の補助を行います。
■既存建築物省エネ化推進事業専用ホームページ
 「既存建築物省エネ化推進事業評価事務局」
    http://hyoka-jimu.jp/kaishu/index.html

1.対象事業の種類
    300㎡ 以上の既存住宅・建築物における省エネ性能の診断・表示
2.対象事業の主な要件
① 省エネルギー性能の診断に要する費用
② 省エネルギー性能の第三者認証・認定の取得に要する費用
③ 省エネルギー性能の表示に要する費用(表示プレート代等)
3.補助額・補助限度額
 <補助率>1/3(補助対象費用 ① ~③ に掲げる費用の1/3)

  ※ただし、 省エネルギー性能表示の普及に資する取組を提案し、波及効果が高いと認められた場合は

   定額で補助します。
4.公募期間
       平成29年4月24日(月) ~ 平成29年11月30日(木)  ※消印有効

 

●BELS 建築物省エネルギー性能表示制度(ZEH)

評価・認証の受付

新築・既存の別を問わず、全ての建築物を対象とした省エネルギー性能等に関する評価・表示を行う制度です。

○BELS

BELS 建築物省エネルギー性能表示制度について

住宅版BELS(ベルス)とは、Building-Housing Energy-efficiency Labeling System(建築物省エネルギー性能表示制度)の略称であり、このたび対象建築物が住宅まで拡大されます。住宅版BELS を取得するには、当社を含む第三者評価機関による評価・認証を受ける必要があります。また、対象建築物の省エネ性能に応じて、星の数(☆)で5 段階に表示されます。

 

○ZEH(ゼッチ)

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により、できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電などによりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅のことをいいます。
平成29年4月1日より住宅のBELS評価において、ZEHの基準(以下の5.ZEHの基準参照)を満たした住宅には「ZEHマーク」の表示が可能となります。